ロシアン・フィギュアスケート・フォレヴァ

フィギュアスケート練習日記:スピンと貧血

2012/12/22
滑るフィギュアスケート 0
figureskating spin practice
香港では、今年は12/24(月)に休みをとれば5連休になる。皆さん休みをとっているようで、スケート場は比較的空いていた。

しかしフリップでこけて腰に衝撃を感じたのでスピンばかりやってたら貧血気味になり早くあがるハメに。

本日の練習:
・クロス
・セミサークル4種
・クロスロール
・スリー・ステップ
・ワルツ・ステップ
・スタンドスピン
・クロスフット・スピン
・シット・スピン
・キャメル・スピン
・バック・スピン
・スリージャンプ
・サルコウジャンプ
・ループジャンプ
・フリップジャンプ

フリップとループが多分内側に軸が傾いていた今日。前傾すると内側に傾く?背筋を伸ばして生きていきたい。

課題のキャメルスピン。2度ほどスルッと3回転回れた。何が理由なのかはよくわからない。スピンは、よくわからないが練習してるうちに良くなるパターンが多いのであまり考え過ぎないようにする。唯一わかるのは、LFOが収束するまで我慢に我慢を続けること。何事も早いのはダメ。

バックスピン。フリーレッグのつま先を外側、踵を内側にするガニ股戦法で回れるようにはなるが、締めると体勢が崩れる。どうしても前傾になるみたい。後ろに倒れて頭を打ったトラウマが・・・。でも、今年一番できるようになった技でもある。去年までやろうとも思ってなかったからな。

尻と腿を緊張させておくこと。基本的にフリーレッグを緊張させて置くことで、スケーティングが綺麗に見えるし滑走足にしっかりと体重が乗る。スピンが顕著。フリーレッグに振り回されて軸がブレるのが一番良くない。きっちり滑走足に重心を置いているからこそフリーレッグの遠心力に負けずに軸ができる。フリーレッグのつま先を外に向けるだけでこれがうまくいくのが不思議なのだがしょうがない。

ただ、スピンばかりやってると貧血気味になるのだが、自分だけじゃないよね?

Comments 0

There are no comments yet.